ライスパワーNo.11ってどんな成分なの?【KOSEの米肌】

 

最近、ライスパワーやお米の力を利用した化粧品が話題になってますよね。

 

その中でも、私が実際に使ってレビューしたKOSEの米肌は、「ライスパワーNo.11」という成分を含んでいます。
なので、今回はこのライスパワーNo.11について解説していきますね♪

 

ライスパワーは全部で何種類あるの?

ライスパワーには作り方の違いによって36種類のエキスがあります。
お米からとれたエキスという点では共通しているものの、製造方法によって36種類のそれぞれ効果が異なるそうなんです。

 

「全部お米のパワーで一緒でしょ(笑)」と雑に考えてた私は、調べてみて36種類もあることでちょっと驚いちゃいました。

 

そこで、「どれが一番化粧品にいいのか?」という事でKOSEが注目したのが「ライスパワーNo.11」
では、このNo.11にはどういった効果があるのでしょうか?

 

ライスパワーNo.11の効果

 

ライスパワーNo.11の一番の特徴は、「セラミドを産み出すこと」です。
セラミドといえば、保水力ですよね。

 

「乾燥は全ての肌トラブルの原因」と言われるように、お肌が潤ってることはスキンケアの基本です。
でも、お肌自体の保水力が弱い人だと、いくらローションやオイルを塗ってもすぐに乾いてダメージを受けちゃうんですよね(>_<)

 

そこで、ライスパワーNo.11が活躍するわけです。
ライスパワーNo.11ならお肌本来の保水力を高めてくれるので、乾燥肌で小じわの多い人(写真の左側)でも、潤いがアップしてお肌のキメが整います(写真の右側)。

 

私も使ってみて感じたのは、「米肌の不思議な保水力」でした。
「べたつかずにサラサラなのに潤う」といった感じです。

 

なので、乾燥気味で肌質を改善したいという方には、米肌はおすすめですよ。
私は1,500円のお試しセットを使いましたが、それでも十分に効果を実感できてコスパ良かったと思います(^^♪